mitsukabouzu

光夏坊主 素直で直観的な作業の記録

webライター コラム 体験談 副業と働き方

フリーランスで月収20万円を得て楽しく仕事をしよう【webライター体験編】

フリーランスになってとりあえず月収20万円になれば、精神的に楽ですよね。ただ簡単にはいきません、そこまでが苦しい道のりです。どのようにしたら月収20万円になるのでしょうか。ここではwebライターの体験から月収20万円を得る方法を解説したいと思います。


光夏プロフィール
不動産業界、人材業界での業務に従事。転職に失敗して年収を一旦落とすも盛り返す。会社員時代の最高年収は1,200万円。2010年から副業でwebライターの業務をスタート。副業の収入だけで月収40万円を超える。2018年フリーライターに転身。
著書 ・小説「頑張れフレンドリーズ」(2019年発売)。


フリーランスで月収20万円を得る具体的な方法とは。

こんにちは光夏です。

「フリーランスで仕事をしたいんですけどどうやって営業していますか」
「webライターが始めるのにハードルが低いんですよね」
「とりあえず生活ができるくらいの収入にしたいんですけど」

フリーランスというと不安な人もいるかと思います。不安でもフリーになって収入を得たいという気持ちを持っている人は、この記事を読めば一歩前に進むことができるでしょう。

僕は2018年にそれまで勤めていた会社を辞め、フリーライターになりました。フリーになる前は8年間、副業でライターをしていました。

副業を始めてすぐに収入が3万円になり、これくらいあればいいかな、と思い、副業を本業にすることなど考えずに数年間が過ぎました。

たまに10万円を超えることがありましたが、当時は「副業のし過ぎかな」みたいな感覚でした。そのうち副業の収入だけで20万円、30万円と膨らみ、最終的に40万円にまでなっていました。

そうなる頃には、家で書くだけでは時間が足りず、会社の休憩時間にライティングをするのが日課になります。

毎日書くのは大変でしたが、それがきつくて辞めたいという気持ちにはならなかったのが、今思えば僕の場合転機だったかなと思います。

副業のうちはそれほど収入に期待してなかったので、あまり収入のことは意識せずにライティングの仕事をしていましたが、フリーになってからは単価と仕事量が収入に直接影響するので、少し心構えが変わります。

今回は、これまでの経験をもとに、フリーになってからの収入の計画の立て方などをご紹介したいと思います。

この記事は以下のことを確認することができます。

・フリーライターの仕事の仕方

・月収20万円を得る方法

では、解説していきましょう。

1.フリーで収入を得るにはまずは計画から

フリーランスになると、ライターでなくても収入を得るためには計画が必要です。

やり方は簡単、自分ができる仕事の単価を知って、どれくらいの量をすればいいかを計算するだけです。

副業をしている人にとっては、仕事ができる時間が限られてきますので、単価の高いプログラムではない限り、数十万円になるような仕事量ができないと思います。

ですが、フリーになると、時間が自由に使えますので、目標の収入になるまで仕事をすればいいということになります。

2.フリーライターの仕事の仕方

フリーライターの仕事は主に以下のようなことをします。

・仕事の営業
・受注
・執筆
・取材

それぞれ以下で解説します。

2-1.仕事の営業

仕事を得るための営業活動のことですね。

僕の場合、副業ですでに仕事をしていましたので、フリーになってからあわてて新規営業をしなければならないということはありませんでした。

ただ、案件の中にはクライアントの都合でプロジェクトがなくなることが少なくありません。

プロジェクトがなくなると、昨日まであった案件が白紙になることがありますので、そうなった時に慌てないように、安い仕事でもいくつか抱えておくことが大切です。

だから、副業をしていて今は案件がありますよ、という人でも少しずつ営業をして案件を増やしておきましょう。

2-2.営業の仕方

営業の仕方にはネットで完結する方法と、アナログでする方法の2種類があります。

ネットで完結する方法としてはクラウドソーシングが知られていますよね。クラウドソーシングは未経験でもできる仕事がたくさんありますので、最初に取り掛かるには良い方法です。

クラウドソーシングはいくつか登録して定期的に見ることをおすすめします。先週はなかったような掘り出し物の案件が今日見たらある、ということはしょっちゅうあることです。

おすすめのクラウドソーシングは以下のサービスです。

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス CMなどでも知られる日本最大級のクラウドソーシングサービス。
ここの仕事だけでも月収20万円は可能です。
会員数 100 万人以上のクラウディア 会員数が100万人越えのクラウドワークスにならぶ最大級のクラウドソーシングです。
こちらも単価の高い案件を見つけることができます。

クラウドソーシング以外でサイトで完結する方法として、僕がよくやっているのが、好きなサイトに直接応募する方法です。

例えば女性の方で化粧品に詳しいとしましょう。自分で普段から読んでいるサイトがあると思いますし、コラムが書いてあるサイトをこれから探しも良いです。

結構大手企業が運用しているサイトでも、委託されたライターが執筆しているものがたくさんありますので、そこに応募するという方法です。

この方法で応募した場合、クラウドソーシングと違い、専門的な知識やライティング力も問われますが、今まで副業でライティングをしていて、たくさん書いてきたという人は問題ないと思います。

アナログの方法とは、企業にテレアポなどをしてホームページの案件や記事の執筆の案件をもらうことです。

僕は知り合いを通してホームページ案件をもらったことがありますが、アナログでもらう案件はクラウドソーシングと違い、サイト執筆の経験があった方が良いでしょう。

それほど専門性はいりませんが、ホームページがどういうもので、その会社がホームページをどういった目的で使っているかによって見せ方が違ってきますので、ホームページの原稿を書いた経験や慣れは必要です。

アナログで受ける案件は、単価が高くやりがいがあるものが多くなります。

アナログが高いというよりは、クラウドソーシングが安い案件の発注の場と言う認識になっているのが実態です。

在職中に転職活動を効率よくする方法【希望を叶える転職エージェント3つ】

2-3.取材の仕事を受ける際に注意すること

案件の中には取材が必要になるものもあります。自分が好きな案件であれば取材も苦ではありませんよね。

例えば、僕はサッカーの試合の記事を入稿したりするのですが、サッカーを見るのが好きなので、趣味と仕事をいっしょにしているようなものです。

取材をする仕事にはスポーツ以外にもグルメや地域の紹介の案件があります。

取材を含む案件を受ける際は、出張費が別についているかどうかの確認を欠かさないようにすることが重要です。

取材は交通費だけでもバカになりませんし、行けば現地で食事をすることもあります。そういったものを支払っても手元に残らないと意味がないですよね。

最初仕事の実績を作るために出張費がなくても受けるのは悪くはないと思いますが、ずっともらえないと収入が増えないばかりか、出張している時間の仕事量が減る、ということになります。

そのあたりは、シビアに計算して受けるようにしましょう。

3.月収20万円になる計画の立て方

次に月収20万円になる計画の立て方を解説します。

ライターの場合、月収は単価×本数で考えますので、単純と言えば単純です。

例えば1万円の単価であれば20本あれば達成します。

ただ、ライター初心者だと、最初から1本いくらでという仕事はなかなかもらえません。信頼を得られるまでは1本単位ではなく、1文字単位の案件がほとんどです。

付き合いが長くなり、記事の信頼性が高くなれば、1本いくらで受けることができるようになります。

僕が今受けている継続案件の最高文字単価は8円です。3000文字で2万4,000円ですので、10本書けば24万円にはなります。

初心者の場合は1文字8円ではなかなかもらえません。一般的に0.1円とか0.5円くらいが相場になります。僕が最初にした仕事は1文字0.5円から0.6円だった記憶があります。

副業で2000文字書いた経験があれば1文字1円くらいまでは無理なく受注できると思います。

そこでまずは1文字2円の案件がもらえるようになるまで、とにかく書きまくりましょう。最初は0.1円とか0.5円でも、クライアントが上げてくれたり、新しい案件で採用されたりして、単価は少しずつ上がってきます。

1文字2円になれば、3000文字で6,000円にはなります。1本6,000円であれば34本で20万円を超えますので、そこまで頑張りましょう。

1文字3円になれば3000文字で9,000円ですので、30本なら27万円にはなります。

では、1文字2円や3円の案件はどのようにして受注すれば良いのでしょうか?

結論を言うと、クラウドソーシングで受注することができます。ここでクラウドワークスをチェックしてみます。

4.クラウドソーシング案件でも月収20万円にはなれる

以下の画像はクラウドワークスのライティングで検索した結果の画面を抜粋したものです。すぐに文字単価1.5円と2円の案件が目に飛び込んできたと思います。

1.5円の案件をさらに見てみましょう。以下の画面が詳細な募集内容になります。

1文字1円、4000文字で4000円ですので50本で20万円になります。

経験者の募集ですが、募集人数を見ると100人になっています。この人数であれば副業で執筆経験があれば採用される見込みは高いと思います。

さらにその下の方の画像がこちらです。

こちらの記事は頑張れば単価1.6円もあり得ることが書いてあります。また「長期でがっつり稼ぎたい!」などの表記もありますので、この案件1本でも月収20万円近くになるのはそう難しくないでしょう。

また、他にもこういった案件はありますし、きちんと仕事をしていればやっているうちに必ず単価は上がってきます。

このように、クラウドソーシングだけでも月収20万まで持ってことは可能です。僕も最初のうちは、あまり本格的にやっていなくてもクラウドソーシングだけで20万円までいきました。

5.さらに収入を増やす方法

さらに収入を増やす具体的な方法についてはこちらの記事で解説していますので参考になればと思います。

副業WEBライターで収入アップしてフリーライターになろう【単価アップする4つの方法】

今回はフリーランスで月収20万円を得る方法【webライター編】について解説しました。Webライターは始める際のハードルが低く、副業でたいていは誰でも取り掛かることができます。

ただ月収20万円になるにはちょっとした工夫や頑張りが必要になります。ちょっとした工夫ができて頑張ることができれば、割と早い段階で月収20万円にはなりますので、ぜひ目指して頑張ってみましょう!

今回は以上です。では、また。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です